解雇

モンスターペイシェント(モンスター患者、怪物患者などとも)とは医療従事者や医療機関に対して自己中心的で理不尽な要求果ては暴言・暴力を繰り返す患者や、その保護者等を意味する和製英語である。教育現場で教師に理不尽な要求をつきつける親を“怪物”に喩えて「モンスターペアレント」と呼ぶのと同様、医療現場でモラルに欠けた行動をとる患者をこのように呼ぶようになっている。
これはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用である。
先日そのモンスターペイシェントに遭遇し、きょう病院をクビになってしまった。私は忙しいときに言葉が雑になってしまうことがあり、それを反省もしていたので、患者の神経に障ることを言ってしまいそうな予感はあった。それが当たった。ゴメンナサイで済む人じゃなかったことは運が悪かったとも言えるが、そういう不運を呼び込んだのは自分なので自業自得ですね。
明日からまた職探しだ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA