歯医者通いはまだまだ続く

どうも歯の治療は長引きそうだ。
きょうは根管治療の土台作りをしたのだが、途中で被せ物を何にしようかという話になる。「ああ来たか」と思う。
根管治療後の被せ物には保険の銀より自由診療のセラミックがいいということはネット情報で知っていたがその話。おすすめはフルジルコニウムというセラミックで、1本12万円だそうだ。「それでいいです」と答えてから捻出方法を考えていた。
ところが治療も終わり頃になって、「せっかく高い物を選んでいただいたのですが・・・」と先生が言い出す。その要約は以下の通り。
じつはいま治療している右奥歯の隣の歯にも虫歯がある。これもセラミックを被せるとなると2本で24万になる。しかし、右の歯2本は治してもそんなに長くもたないかもしれない。そう考えると、いま左の上の歯が3本抜けたままになっている、そこをインプラントにしたほうがいいのではないかと思う。そうすれば右で噛めなくなった時に左が使える。いずれにしても前歯では咀嚼はできない。それからいま治療中の歯と隣の歯は保険ですませてもいいと思う、と先生はおっしゃる。
しかし、インプラントは24万円どころではない。3本で100万ほどかかるという。
「先生のおっしゃることは分かりますが、お金がないですよ」と答えると、「48回払いができますから、月々2~3万で済みます」という。
次回の治療時にまた説明があるという。
100万円の借金・・・まだぴんとこない。

[追記]
100万円の借金(デンタルローン)について半日も考えてしまった。しかし、どう考えても無理だ。12万なら1年で返せるだろうが、100万は桁が違う。家賃収入がいつ切れるとも知れず安定収入は見込めないので、最悪の場合は歯を入れたけど食うものが買えない、なんていう事態も起こりうる。歯医者の先生には悪いけど、断ることにしよう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA