散歩

久々の土日連休。天気もいいので川口郊外へ散歩に出かけた。

上の写真は「花と緑の振興センター」。旧名の「植物振興センター」の方が好きだが、世の中の地名や施設名は自分のセンスとどんどんかけ離れていく。そのうち戻ってくるのかな。百年くらいしたら。
この写真は、アセビ(馬酔木)の配置や色合いと小道のカーブ等々がよかったので撮ってみた。
さて、このアセビのところより少し先には梅園があり、たしか5月連休頃は門扉を閉めて入れなくしてあったと思うのだが、きょうは入れた。で、「ハルシメジ出てないかなぁ-」と思って探してみたが1本もなかった。出そうなんだけど、まだ早いのかな。
その梅園の奥にあるツバキ林の樹下で1人の女性が一眼レフ風のカメラのレンズを地べたに着かんばかりに傾けて何かを接写していた。ツバキキンカクチャワンタケ? それとも昆虫とか・・・? 邪魔しちゃ悪いと思い、どうも声はかけづらかった。
センターの入口で地元の愛好家とおぼしき人たちがサクラソウ(埼玉の県花らしい)の展示販売をやっていた。いろんな園芸品種の中から白くて清楚なのを一つ選び、「植える所あったっけ?」と思いながら買ってしまった。300円。

上の写真は帰り道で見かけた路傍の花。きれいと言えばきれいだが、紫がかったこんなブルーはいかにも外来種っぽい。ナガミノヒナゲシのように増えすぎたらぞっとするなぁ、と思いつつ写した。植木屋の畑の中にも生えてたので、園芸品種のタネが散ったのかな。生命力が強そうなので、増えるかもね。というより、地域によってはすでにポピュラーなのかもしれない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

散歩 への4件のフィードバック

  1. ヤグルマギク のコメント:

    昭和28年生まれです。
    子どものころ、親に種を買ってもらって育てたヤグルマギクだと思います。
    荒れ地の方が育つのですね。
    好きな花です。倒れるので我が家に植えるのは控えていました。

  2. hirocybe のコメント:

    雑な写真で同定していただき恐縮です。
    学名の”Centaurea cyanus”で検索するとカッコいい写真もありました。
    https://en.wikipedia.org/wiki/Centaurea_cyanus#/media/File:Centaurea_cyanus_3.jpg
    こういうのを見習わなければ!
    ヨーロッパではかなり有名な植物みたいですね。ドイツの国花だったり、ハーブに利用されていたりとか。こんどはもっとちゃんと撮ってみたいと思いました。ありがとうございます。

  3. 匿名 のコメント:

    あれから種を買いに行き、2か月で青い花がいち輪咲きました。
    うちで一番乾燥する場所を選び、水も肥料も無し、
    hirocybeさんの写真の美しさには及びませんがとてもうれしいです。
    強い風が吹いても倒れません。来年も植えます。

    • hirocybe のコメント:

      ご報告ありがとうございます。匿名さんは生年が私より一年遅いんですね。でも同年代ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA