富士山2017最終回

きのうは4回目の富士山。いろいろ感慨あるハイキングだったが、きのこは全然と言っていいくらいないし、天気は悪いしで、カメラの出番は1回もなかった。

行きのバスは満席だったが、富士急ハイランドで3分の2が下車、河口湖駅で自分以外の全員が下りてしまい、5合目まで行ったのは私だけだった。天気は終始薄曇りである。
精進口登山道の入口で、きのこ狩りのオヤジさんと情報交換。4回富士山に来てやっと2人目だ。オヤジさんはスーパーの袋にハナイグチを少しだけ持っていた。
「富士山は今年3回目だけど、今年はほんとに不作だ。全然ないよ」とぼやいている。でも、下で30本ほどジコボウが採れたと言うので、「いいじゃないですか」と言った。おけらじゃなければいいじゃない?くらいの意味だ。
”全然ないよ情報”を聞いてしまった自分としては、やはり御中道のほうがいいかなぁとも思ったが、「大差ないだろう」と判断し、精進口を下っていった。
しかし、やっぱりない。あってもその9割方が、野生のきのこ屋の店頭に並ぶ売れ残りみたいな元気ないきのこばかりなのだ。傘にしわ寄ったり、乾いてしなびたり色あせたりしたきのこ。とにかく数がない。イグチもベニタケもフウセンタケも(ほぼ)何にもない。昼過ぎると森の中を風が音立てて吹き渡り、うるさいくらいであった。諦めて2時過ぎには5合目に戻ってきた。森の中ではうるさいだけだった風が、5合目の広場では体を押し倒すように吹き荒れていた。フリースを着たがまだ寒く、土産物屋の2階の喫茶レストランに逃げ込み、コーヒーを注文。
バス会社に電話をし、「5時発最終便のWEB乗車券を持っているのだが、3時か4時発のバスに換えられないか」と問い合わせると、「いまWEBができる状態ですか」と聞くので、「いや、できない状態です」と返すと、「申し訳ありませんが、無理です」と言う。WEBができれば自分で操作して、空席あれば、3時のでも4時のでも乗れるらしいのだが、それができないとだめらしい。私はここで「やっぱりスマホが必要な時代なのかな」と思った。
しょうがないのでしばらくKindleで読書し、飽きると土産物屋の裏山で時間をつぶすが、精進口以上に何にもない。また5合目に戻ってきたが寒くてしょうがないので、別の土産物屋の喫茶レストランでまたコーヒーを注文する。風圧でかすかに建物が揺れ、天井から吊り下がった照明も全部揺れている。バスは大丈夫かなぁと心配で窓越しに外を見ると、地元の車らしい軽が2台通り過ぎる。
4時半頃、客は自分1人だけの2階喫茶コーナーを出ると、もう”終了しました”の看板が階段の上下に出ていた。1階の土産物店は中国人ばかり。龍角散のど飴も売っていた。この時間の5合目は、8割が中国or韓国?人、5%が白人、15%が日本人かなぁと思った。それくらい中国or韓国人らしき人々が多い。世界遺産だからしょうがない。
バス待ちの間、風邪引くとまずいので、ついにカッパの上を着てしまった。
5時前、やっとバス到着。車掌も兼ねる運転手に自分ちでプリントしたチケットを見せると、「Tさんですね」と言われた。「そうです」と答えたが、名前を確認されたの初めて。なんで?
理由は、5合目で乗る客が私1人だったから。でかいバスに客一人、スバルラインを下り始めると、ようやく雲が切れ、太陽が顔を出した。窓から眺める雲は2本の大きな葉巻型。「こんな雲はうちのほうじゃ見れないなぁ」と感心。つづきは来年だ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

スバルライン

台風が去った。就寝中、風の音がしたが、気にならなかった。関東平野は恵まれた地域だ。自然災害からの安全性という点では、環境格差の最上位ではないかと思う。だから首都があるのかな。
さて、気になるので富士スバルラインのサイトを見ると・・・、

現在の営業状況:2017年9月18日(月) – 全線通行止 ※倒木のため

とあった。やっぱりだ。
林道だと倒木による通行止めは長く続くのだが、スバルラインは影響が大きいので早急に片付けるだろう。
しかし、やはり気になる。夕方には片付いていると思うのだが・・・。

ところで、1年以上前から軽い記憶障害がある。エチゾラムのせいかと思い、1日3㎎のんでいた量を3分の1~6分の1まで減らした結果、いまは当時よりマシな気がするので、影響はあったのだろう。
いまも朝や夜、欝の小波が来るときがあり、エチゾラムの0.5㎎錠に手が伸びてしまう。しかし、きょうからやめた。記憶障害があると新しい仕事を覚えにくくなるので、「覚えられない→ストレスがかかる」という悪循環に嵌まる。体験上、ストレスが記憶障害を誘発することもある、と思えるからだ。それを避けたい。
眠剤のルネスタも怪しいと言えば怪しいのだが、これをやめたら眠れなくて体調崩しそうなので、いまはやめられない。
あとはアルコール依存症の後遺症、脳梗塞の後遺症、アルツハイマーの初期症状なども疑われる。
きのうETV特集で『認知症と共に よく生きる旅へ~丹野智文 42歳~』の再放送を見たが、何だか自分に当てはまることもあり他人事ではなかった。

さてスバルラインは、今見ると

2017年9月18日(月) – 11:30から全線営業

に変わっていた。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

べんきょう

雨なので部屋でE-3(2007年発売)の使い方を勉強する。このカメラを買った時はまだアルコール依存症の真っ最中で、いろいろやる気をなくしていた時だった。GPSにも言えることだが、買ったはいいけど使い方を覚えないまま来ちゃったのである。
先週富士山で感度をISO400に設定し、手持ちで撮影したが、あんまりぶれなかった。下の写真も同様に撮影したもので、まー、これだけ撮れてりゃいいんじゃないかと思う。ちなみにグラスの中身はヘルシア緑茶の炭酸割りである。


レンズは、E-300(2004年発売)の時代から使ってる14-54mmズーム(2003年発売、接写に強い)はリュックの中では少しだけ大きすぎるのでやめにして、もっと短くて軽い18-180mmズーム(2005年発売)に変えてみた。それで撮ったのが上の写真。このレンズも買ってからほとんど出番がなかった。ズームの全域で45㎝まで寄れる上、10倍ズームだから結局かなり寄れるってことだ。一眼用としては安物だがコンデジに比べれば画質もいい、と自分では思っている。というか、E-3の画質がいい、ってことなのかな。
次回はほんとに今年最後の富士山になると思うので、きのこ狩りより写真撮影を楽しもうかと思う。もう三脚は持って行かない。
と、ここまで書いて、2005年前後はけっこう買い物をしてたんだ、と思った。まだ少しだけカネがあったわけだ。こんどの仕事ではモノ買うんじゃなくて、出かけることにカネを使いたい。とにかく、頑張る前に遊んでおこう。週に1回山へ行けたらいいなと思ってる。電車とバスでね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

就職決定

ネットで見てきのう電話して今朝面接した所への就職が決まった。23日から働くことになる。川口駅前にある某施設の掃除で、定年なし。健康維持(できれば向上)に気をつけて、なんとか10年くらい働けたらいいなぁ、と思う。きょう会った掃除のリーダーは女性で、74歳ということだった。彼女と同年まで働いて10年だ。
20日の富士山はどうしようかなぁ、と迷ったのだが、21日にも予定が入っているので23日からにしてもらったわけ。
21日は公民館の健康講座を聴講する予定で、タイトルは「動脈硬化-血管の内側(なか)と外側(そと)から見てみよう-」というもの。この副題に好奇心を刺激されたのだ。血管の中と外から。私は自分が動脈硬化なのは知ってるけど、それがどういう状態なのか、じつはよく分かってないのである。だから、いいチャンスだと思った。
そんなわけで富士山には行くけど、間違っても怪我などしないよう、くれぐれも気をつけて歩こうと思う。3回行って計2回転んでいるので。疲れてくると、やはり凸凹斜面では転びやすくなります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

3度目の富士山

きのうも富士山へ行ってきた。新宿を6時45分に出発して、9時半に5合目着。御中道を歩いて御庭を過ぎてからがきのこ探しエリアになるのだが、御庭から先は通行止めになっている。通り道に紐を渡して、その紐に「崩落のため通行止め」とか書いた告知板をぶら下げて通せんぼしているだけなので、自己責任でパス。もう3回やった。道は滑沢の先で崩落しているので、そこまでしか行ってない。
9月6日放送のNHK BS『にっぽんトレッキング100 富士山麓 知られざる絶景へ』ではタレントと山岳ガイドが大沢崩れまで行っているのだが、どうやって行ったのだろう? 巻き道があったのかな?
さて、きのこは予想に反して先週とほとんど変わらない。むしろ減ったかもしれない。そもそも3回富士山に行って山中できのこ狩りの人に会ったのは、たったの1回、1人だけなのだ(先々週)。きのうもバスの窓から、奥庭駐車場を歩く籠を持った人を見かけたが、その程度。きのこ狩りらしき車も少ない。不作の情報が広まっているのだろう。
奥庭からのスロープの終点に車が3台止まり、ヘルメットを被った10人くらいで上へ登っていく一団があった。治山工事の人たちである。どこでどういう工事をやってるのか知りたかったが、聞けなかった。ところで、林道を「奥庭からのスロープ」と言ったのは工事の人の一人で、「へー、スロープと言うのか」と妙に感心したので真似してみた。
いちおう少しだけきのこの写真を撮ったので載せておく。ミニ三脚を持って行ったけど、面倒なので使わなかった。全部手持ちだ。
まず、いまだにろくな写真が撮れないドクツルタケ。きょうもひだのあたりがぼんやりしすぎ。


それからツガタケ。ショウゲンジの次によく見かけたきのこだ。


これはホウキタケ。きのうは最後だと思ったので、これを3個だけ持ち帰った。マツタケなら1本でもっとうれしかったのだが、1本も見つからなかった。


来月はバイト収入が途切れるから遊んでる場合じゃないのだが・・・と思いつつ、来週のバスを予約してしまった。往復で5280円。
次回は精進口登山道のあたりを探すつもり。とにかくバスから降りたらすぐ探し始めないと時間が全然足りないのである。もうGPSにも慣れたので、どこをどう歩いても大丈夫と思う。
最後の写真は富士山と、唐松と青空と雲。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

協調性

図書館から借りた立花隆著『武満徹・音楽創造への旅』が、貸出延長したにもかかわらず全然読んでないまま返却期限が来てしまった。読む気はあるので、こういう本はたいてい買ってしまうのだが(結果的に読まないまま、ということが多い)、こんどは買えない。また借りよう。

きのうはマンション管理人の求人にネットで応募。そこから電話が来て、経歴等について簡単な質問を受けた。「もし面接する場合は1週間後にまた電話する」と言う。たぶん電話は来ないような気がする。三井不動産レジデンシャルサービスという会社で、最初の漢字5文字がインパクト強いのだ。こういうメジャーなところはただでさえ応募数が多いうえ、ネット求人までやるとさらに競争率が高くなる。難しいですね。
きょうは職安(ハローワーク)に行って、もう1つの求人(同じくマンション管理人)の紹介状をもらってきた。職安の人が電話したら担当者が不在と言うことで、明後日以降に電話してくれるよう伝えてもらった。明日は富士山だからね。電波届かない可能性があるし・・・。
マンション管理人を選んだのは、きのうまでの職場の人間関係にうんざりしたからだ。私は協調性に乏しい人間とみられていたようだが、くだらないことには協調もへったくれもない。いいことなら協調するさ。
しかし、知り合いのマンション管理人と話すと、パートナー(もう1人の管理人)に対する愚痴が必ず出るのだ。つまり2人しかいない職場でも人間関係が発生するわけ。そこにも協調性が求められる・・・。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

バイトやめた

都合により本日でバイトをやめた。いいところもあったが、かなり変わった職場だった。「長くいる所じゃない」とは思っていたが、きょうやめる予定ではなかった。しかし、やめざるをえない事態となった。帰宅後さっそく職探しだ。
バイト収入がないと生活していくだけでも大変だ。というか生活できない。
それはさておき、明後日は富士山。今年は最後だな。そして明日は職安。懐さびしいのに忙しい。いや、不安で落ち着かないだけか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2度目の富士山

「バスで富士山」の2度目。バスタ新宿ができてから富士山が近くなったが、今月から五合目直行便はなくなり、富士急ハイランドや河口湖駅に寄るぶんだけ時間がかかる。それでもけっこう早い。渋滞もなくスムーズ。
きょうはGPSが変だった。道を歩いているのにトラック(軌跡)を見ると道から少しずれて表示されていたり、森に入っているときに道の反対側の森に入ってるように表示されたりした。前日のニュースで言ってたけど、やっぱり太陽フレアの影響かな。
それと、新しい(中古の)リュックが使いづらかった。紐の取り回しとか間違ってたのかな? 使い方をちょっと考えないと・・・。
きのこは先週より種類も数も明らかに増えたので、あと数日でかなり良くなるように思える(スバルラインの交通解除で狩る人も増えるが・・・)。というわけで、来週も行く。きょうは最後に入った所がきのこ多かったので、次回はそっちを開拓する予定。きのこ狩りって、開拓するのが面白いんだよね。ただ、自分の場合、きのこは名目で、実質は心身の運動療法かな。実際1本も採ってこないし。
きょうの午後は曇り時々雨。バスに間に合うようにカッパ着て3㎞か4㎞くらい歩いたのかな。変な雨で径5㎜くらいの氷粒が混じるときもあった。ふつうなら300メートルくらい歩くと、閉塞性動脈硬化症のためふくらはぎが多少痛くなるのだが、脳から麻薬物質でも出てるのか、全然痛まない。だから運動療法ってわけさ。最終バスになんとか間に合った。時間に余裕がないのがバスの欠点だな。
写真は5合目の広場。きょうも先週も団体客のにぎやかな中国語が聞こえました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

久々の山行

きのうは数年ぶりで富士山に行ったのだが、わりと歩けるので我ながら感心した。「よく転ばないもんだな。躓かないし」とか。「やっぱり体が覚えてるのかな」とか。
ただ、久々の山行なのでやはりポカはあった。いちばんの大ポカは、デジカメに電池を入れ忘れてきたことだった。前夜に「フル充電にしておこう」と電池を充電器にセットしたことを忘れていたのだ。すごいバカですね。三脚やらレフやらレフ立ての小道具等まで持ってきたのに全部ムダ。「こんな日に立派なマツタケに出会ったら困るじゃないか」と思ったが、それは要らぬ心配でした。きのこ、非常に少なく、撮りたい被写体には出会わなかった。これは不幸中の幸いと言うべきなのでしょうか・・・。
ああ、それから地図も忘れた。GPSがあるので地図より心強いのだが、GPS初心者の自分の場合(昔から持ってはいるが使用経験が乏しい)、把握しておきたい地形や位置が分かりづらく(たんに画面の縮小拡大が面倒なだけ?)、区間の標準コースタイムとかも分からないし、やはり大きな紙の地図があったほうが便利なのだ。帰宅してから分かったのだが、地図は机の引き出しに入れっぱなしだった。
それから靴と靴下も失敗した。靴は普段履いてる超軽い軽登山靴(町歩き用ですね)で来たのだが、ザレ場では安定しない。もう少しゴツい普通の軽登山靴が、重いけど安心だ。それから靴下も失敗。これも普段ばきの(くるぶしまでの)短いやつを履いてきたので、木の枝等で足首の辺りを何度か引っ掻いた。また、足が靴の中で踊ってしまい、余計に疲れた。次回はがっちりした靴と、厚く長さ普通の靴下で足下を固めてこようと思った。
富士山はバスが出発する5合目からの帰路にガスっただけで、概ね「快晴~程よい曇り」だった。カメラが使えないのでケータイ電話で風景写真等を撮ったが、ただOKボタンを押すことしか知らないので、ぐーんと引き寄せて撮りたい富士の偉容に迫れない。また、ハクサンシャクナゲの希少な残り花(99.99パーセント以上が咲き終えて、落ちた花びらすら見かけない)にたかる蝶を撮りながら「マクロが使えるのかなぁ」とか思ったりしたが、帰宅後調べてみると、いちおうマクロモードも選択できるようだ。ただ、PCに画像を取り込むにはケータイにmicroSDカードをセットしてないとだめらしいのね。SDなんて安いだろうからそのうち入れとこうかな? バスの前席で金髪女性がスマホで富士山を撮っていて、モニターを覗くととてもきれいに撮れてるみたいなんだが、私の古いガラケーではちょっとね・・・モニターも部分的に変色してるし、見づらいし、いい写真は撮れる気がしない。だからやっぱり入れるのやめよう。
ああ、あとそれから、20年以上使ってる私のリュックサックは、ウェストベルトが紐1本だけなので姿勢によって揺れてしまうし、1個しかないポケットが薄っぺらでモノがほとんど入らないなど使いづらさが今更気になり、洗っても落ちない汚れやメッシュのゴミ詰まり、防水コーティングの剥がれ・色変わり、プラスチック部分の白濁等で汚いので、今朝、一般ゴミとして処分した。代わりに中古のミレーをヤフオクで落札。7千円。
それから富士山にはもう1回だけリベンジに行ってきます。来週金曜日。

あと、うちの母が今朝は珍しくまっすぐ立って歩いてる。ベッドの効果もあったのかな?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

マットレス

母親が腰が痛いと言い始めてもうひと月ほどになるだろうか。「朝腰が痛むのはベッドが悪いんだって、と先生に言われた」なんて言ってたが、「なんでそんなに簡単に決めつけちゃうの?」くらいに思ってた。
で、マッサージに行ってもだめで今朝も痛そうな顔してるので試しに母のベッドに寝転がってみると、何だか少し腰が沈む。で、マットレスを見ると露骨に真ん中が凹んでる。もう真ん中だけ布が余っちゃってるのだ。両手でマットを挟み、厚さを推し量ってみても明らかに真ん中が薄い。「こりゃだめだ」と思い、さっそくマットレスだけ注文した。
考えてみれば元々私が使ってたベッドなのだが、母がタンス付きのを買ったときに高すぎて使いづらいと言うので私のと交換したのだ。だから、もう30年物? 少なくとも20年じゃきかない。へたって当然の年月を経ている。
かりにベッドだけのせいじゃなくとも、このベッドは明らかに問題ありだ。ただし、注文したのはマットレスだけ。ベッド自体も少し軋み音が出るのだが、どこも折れてないので使い続けることにした。「たぶん人間の方が先に壊れるよ」と言ったら、「そうだね」と笑い顔で相槌を打つ。
マットレスは受注生産ということで、届くのは最短で29日だそうだ。その前に古いのをゴミ処分して、間つなぎには布団を使う予定。
果たして腰痛軽減になるのか否か。なるといいけどね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする